腎臓の病気と日々の対策

腎臓のことを話す男4

腎臓とは、人間の臓器の一つであり臓器の中でも特に重要とされているものです。主な機能は老廃物の処理(主に尿など)や内分泌の生成が主で、人間が生きる上で欠かせない非常に重要な臓器です。

 

体内を常に清潔に保つ恒常性と身体の機能を調えるのが主な役割ですが、どんな時でも動いている臓器であるため、腎臓に病を抱える人も少なくありません。

 

腎臓に関する病気は腎炎や腎不全が知られていますが、特に腎炎が多く抱えていることも知らないまま過ごしている人も場合によってはあります。腎不全は糖尿病などの生活習慣病から発症することが多く、場合によっては透析などにも陥ってしまう危険なものです。これらの病気にならないためにも、普段から食事や運動などの生活習慣での対策が非常に重要となってきます。

 

では具体的に、どのようなことをすれば対策につながるのでしょうか。腎臓は特に老廃物の処理が強い負担となってしまう場合が多く、代表的なのがタンパク質や塩分です。特に塩分は料理に用いられることも多く現代の食事、特に加工食品に多く含まれているので必然的に腎臓に負担をかけてしまいがちになります。

 

なので積極的に減塩を意識した料理を摂取するようにしたり、一日の塩分量を明確に決めておくと腎臓への負担が少なくてすみます。特に一度腎臓病を患ってしまうと摂取できる塩分量やタンパク質が大きく制限されてしまいます。そのようにならないためにも、普段からの減塩生活を心がけることが重要です。

 

タンパク質も同じことが言え、塩分同様に一日の摂取量を明確に決めておくとなお良いでしょう。ですが、タンパク質を制限すると必然的にカロリー不足となり、筋肉量や基礎代謝の減退に繋がってしまう問題が発生します。このようにならないためにも、低タンパク質高カロリーの油を用いるとよいでしょう。特にオリーブオイルは他の栄養価も比較的高いものなので、腎臓に負担をかけづらい食材の一つといえるでしょう。

 

このような対策は一日二日したところで意味がありません。
なので、長期にかけて続けていけるような計画をたてることが大切です。

 

<関連記事>